管理職研修で企業安泰【研修によって企業内活性化】

案内

会社の利益

研修

企業において最も重要なのは売上を稼ぐ営業の能力です。営業を育てるのは上司の役目でしたが、満足に仕事を遂行出来ない人もいます。だから研修の代行を請け負う業者が頼られているのです。営業向けの教育は適切な手順で進められるので、信頼を勝ち取った研修サービスが流行すると予測されています。

» 詳しくはこちら

社員の心の健康

研修

メンタルヘルス対策というのは社員のためでもあり、企業のためでもあるのです。メンタルな部分が健康でないと仕事へのモチベーションが上がらないのです。管理職の意識の変革が必要で、昔ながらの根性論ではなく、職場のコミュニケーションを良くすることが大事です。

» 詳しくはこちら

学生から社会人

研修

新入社員研修とは学生の身分から社会人としての自覚をもてるように躾けることです。最近の若者は昔流の押しつけや命令を嫌う傾向にあります。教える側としてはあまり厳しくせず、誉めるところは誉めるというやり方でモチベーションを上げていくのが良いやり方です。

» 詳しくはこちら

人材育成をする

管理職に意識づけをする

オフィス

企業にとって人材育成は永遠のテーマになります。それによって業績に多くの影響を与えるといっても過言ではありません。ビジネスマンとしての必要知識を教育して行くことや人間形成のための教育も必要です。また、時代の変化に対応していくことも研修によって教えなければなりません。広く一般社員にまで浸透させるためには、まずは管理職研修を行って管理職に人材教育の重要性を伝えることが必要です。ピラミッド型の組織の多い日本の企業では、一般社員は上司である管理職の行動を見て仕事をすることが大半ですので、そのお手本となるべく管理職が率先して行動することは大切になります。管理職研修は外部講師に依頼することも悪くありません。

納得して研修を受けさせる

研修というのは無理矢理受けさせても意味がありません。管理職研修をする際にも忙しい日々にそういった時間を組み込まれることに嫌悪感を抱く管理職も多いです。従って研修を主催する人事部などは、管理職に管理職研修をする意味などもじっくり説明しなければなりません。研修の前に研修を行う意図を書いた資料を配布して理解を得ておくことも一つの手段です。最も意味がないのは研修に嫌々参加し、ただ時間だけを過ごして研修後にも何らそれまでと業務態度を変えないことなのです。それですと研修費も無駄になりますし、いつまでたっても一般社員に研修の内容が浸透していかないのです。結局業績も上がらないということに繋がっていきますので、管理職の意識を高めることが大事なのです。